> ブログ> 今回は22回目の講義!
私、算命学をはじめました。池袋で占いを習う生徒のブログ

今回は22回目の講義!

 

前回に引き続き本日のテーマは「六十花甲子part2」です。

甲木最後のpartです( ´`)!

【甲午】
「工師運斤の木」
夏の木で水分が足らず、虚脱状態の木です。

甲午にとって、水があると、ありがたいものですが、虚脱状態なら、木材になるべきです。

そんなとき、庚金(斤)が木材に変化させてくれます。

甲午は干支に暗合があり、自分の蔵干に配偶者がいます。なかなか配偶者と離れられない存在になります。

力を持った方が配偶者になりやすいため、意識が合いにくいことも。

木(自分)を切ってもらうことが開運になるように、誰かに自分を上手く使ってもらえると良いのかもしれません。

 

【甲辰】
「晩春の木、常緑の木」

大地に根を張り巡らせた状態で、繁茂しているかたちです。

蔵干に木・水・土があるので、さらに火(丙)があるとバランスがとれ、ありがたいです。

男性は徳の高い人になりやすいです。ただし、女性は清秀ですが、良縁に恵まれにくい傾向も。

どちらと自立心が高く、助けを必要としないタイプです。

 

【甲寅】
「初春の木、果実の木」

木の見映えとしては、果実が美味しげっており、とても良いです。

根もあり、どんどん育っていく木のため、実を取っていく作業が必要です。

そのため実を取る(庚)と抑える(丙)があるとありがたいです。

家庭運には恵まれにくい(甲木の傾向でしょうか……?)ですが、仕事で自分を確立してしていきます。

どんどん伸びていくので、大成しやすいです。

以上です!

次は乙木へ( ´`)

男の算命学教室

お問い合わせフォーム

氏名*
電話番号*
メールアドレス*
性別* 男性  女性
生年月日*
会社・企業名
お問合せの内容を詳しくお聞かせ下さい。
備考*

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

算命学命式算出ソフト”Sanmeipro4 mentor.ver PC版”のご案内 イベント鑑定士募集

予約・お問い合わせについて

鑑定予約、ご参加したいイベント、各お問い合わせは、各それぞれ予約したいページ一番下にあるフォームよりご予約又はお問い合わせ下さい。当日、お急ぎの方はホームページを見たとお電話下さい。

03-6907-2355 11~19時不定休

Lineで簡単予約

【友だち追加】ボタンをタップ
友だち追加

お知らせ

お知らせ一覧を見る

人気記事ランキング

メンター集団と組みたい

注目記事

イベント情報

イベント一覧を見る