> ブログ> 今回は18回目の講義!
私、算命学をはじめました。池袋で占いを習う生徒のブログ

今回は18回目の講義!

本日のテーマは「陽占:主星・命星の関係性」です。

 

主星と命星の関係がわかると、自分が家庭や仕事に対してどんな立場であるかが見えてきます。

図があった方が分かりやすいので、私のノートの画像を添付します。

じゃーんっ!
なんか字が右上がりですね(笑)

 

これが陽占の場所ごとの名前です。それぞれの意味は下記になります。

主星:自分。まさにこれが自分の性格です。
第一命星:補佐・配偶者・現在の結果など
第二命星:子供・部下・夢など
第三命星:兄弟・同僚・未来など
第四命星:親・上司・最終目標など
第一従星:若年期・結果など
第二従星:中年期・プロセスなど
第三従星:老年期・スタートなど

次に主星と第一命星の関係を例に、解説します。こちらは第一命星を配偶者としてとらえた場合です。

○主星→第一命星(相生・主星から生じる)
……家庭が安静な地になる。

○主星←第一命星(相生・第一命星から生じる)
……身内や配偶者から大切にされる。

●主星→×第一命星(相剋・主星が剋す)
……配偶者から知恵を獲得する。

●主星×←第一命星(相剋・第一命星が剋す)
……配偶者の要求に答える。

◎主星=第一命星(比和)
同格夫婦。

相生だから良い。相剋だから悪いってことは、一切ないですよ!相剋同士でも、お互いに理解できれば、良い夫婦関係は築いていけますからね!

 

実は私、もうすぐで算命学を学んでから、一年が経とうとしてます。最初は月1回の講義から、レベルアップのため途中から月2回にしました。

毎日のように勉強している訳ではないので、そんなにすごーく詳しくはないですが、月2回になってから、知識の吸収力があがってきたような気がします。

鑑定するには、まだまだなので、レベルアップを目指しもっと精進していきます!

男の算命学教室 私、算命学をはじめました。池袋で占いを習う生徒のブログ

お問い合わせフォーム

氏名*
電話番号*
メールアドレス*
性別* 男性  女性
生年月日*
会社・企業名
お問合せの内容を詳しくお聞かせ下さい。
備考*

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

算命学命式算出ソフト”Sanmeipro4 mentor.ver PC版”のご案内 イベント鑑定士募集

予約・お問い合わせについて

鑑定予約、ご参加したいイベント、各お問い合わせは、各それぞれ予約したいページ一番下にあるフォームよりご予約又はお問い合わせ下さい。当日、お急ぎの方はホームページを見たとお電話下さい。

03-6907-2355 11~19時不定休

Lineで簡単予約

【友だち追加】ボタンをタップ
友だち追加

お知らせ

お知らせ一覧を見る

人気記事ランキング

メンター集団と組みたい

注目記事

イベント情報

イベント一覧を見る